注目情報      ★製品別特集★ 一覧情報 製品毎にリコールや注意喚起が行われているものをまとめて掲載。

重要なお知らせ詳細

TOSHBA(東芝)「ノートパソコン用バッテリーパック」 (2011年~2015年製) - 交換

商品名
パソコン用品
連絡先
◆株式会社東芝 dynabookバッテリーパック交換窓口
フリーダイヤル(無料):0120-444-842
(携帯電話・PHSからも利用できます)
◆受付時間
平成28年2月27日まで:9:00~21:00(土・日・祝日を含む毎日)
平成28年2月28日以降:9:00~19:00(土・日・祝日・事業者指定休業日を除く)

http://dynabook.com/pcs/info/20160128.html
対応方法
バッテリーパックの交換(無償)
対応開始日
2016/01/28
対象の特定情報
■製品概要
回収対象品搭載製品:東芝製ノートパソコン 日本国内向け 155機種
※機種につきましては下記をご参照ください。
http://www.toshiba.co.jp/about/press/2016_01/j2801/20160301.pdf

回収対象品搭載製品製造期間:2011年6月~2015年3月
回収対象品:バッテリーパック(パナソニック株式会社にて製造)
回収対象品個数:95,811個

■対象製品の確認方法
お持ちのノートパソコンのバッテリーパックが対象製品かどうか、以下の①及び②をご確認の上、事業者のホームページで確認いただくか、事業者の問い合わせ先にご連絡ください。

①パソコンの本体の「製品型番」及び「製造番号」の確認方法
パソコン本体の裏面に貼付のシールから「製品型番」及び「製造番号」をご確認ください。
②バッテリーパックの「バッテリー部品番号」と「バッテリーシリアル番号」の確認方法
・パソコンの電源を切り、バッテリーパックを取り外してください。
・ラベル位置を参考にバッテリーの「部品番号」と「シリアル番号」をご確認ください。
・バッテリー部品番号とバッテリーシリアル番号は1枚のラベルに記載されている場合と、2枚のラベルに分けて記載されている場合があります。

バッテリーパックに貼付されているラベルから「G71C」で始まるバッテリー部品番号と、1桁あるいは2桁のアルファベットで始まり、最後の3桁がアルファベットのバッテリーシリアル番号をご確認ください。
公表行政機関

経済産業省

公表行政機関の掲載情報

製品評価技術基盤機構(NITE)

公表行政機関の掲載情報
備考
■製造上の不具合により、発煙・発火に至るおそれがあるため。

[消費者庁からのお知らせ]
平成28年1月28日消費生活用製品の重大事故に係るお知らせ
http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/160128kouhyou_2.pdf

①事故事象について
株式会社東芝が輸入したノートパソコン用バッテリーパックについて、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。当該事故の原因は、現在、調査中ですが、対象製品のバッテリーパックの製造上の不具合により、バッテリーセルが異常発熱し、出火に至ったものと考えられます。
対象製品について、消費生活用製品安全法第35条第1項の規定に基づき報告を受けた重大製品事故は、2件です。なお、これらの事故は、いずれも人的被害には至っておりません。

②再発防止策について
株式会社東芝は、事故の再発防止を図るため、本日(1月28日)、同社ウェブサイトへの情報掲載を行うとともに、明日(1月29日)、新聞社告を行い、対象バッテリーパックについて無償で製品交換を実施します。
管理番号:00000014441

ご利用にあたっての注意

このサイトでは、事業者の届出等により行政機関等が公表した情報(通常明らかに事業者向けに販売された製品を除いています。)と、事業者から直接消費者庁に寄せられた情報を掲載しています。

事業者の公開情報および行政機関への届出内容を元に、当庁で一部共通フォーム化などの編集をしております。事業者や公表行政機関からの追加情報があった場合には、掲載内容を更新することがありますが、掲載時点のままとなっていることもあります。したがって、各内容の詳細、最新情報については、必ず事業者にご確認ください。また、商品毎に特有の注意事項等がある場合もありますので、公表行政機関等のサイトも併せてご参照下さい。

その他の注意事項は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ