注目情報      ★製品別特集★ 一覧情報 製品毎にリコールや注意喚起が行われているものをまとめて掲載。

新規登録情報詳細

乗用車「マツダ:RX-8」(2003年~2005年式) - 点検修理

商品名
マツダ
RX-8 2型式1車種
連絡先
■問い合わせ先
マツダ株式会社コールセンター
電話番号:0120-386-073
対応方法
■リコール届出番号
1489

■改善措置の内容
①全車両、樹脂製燃料タンク等を点検して、異常が認められるものは新品と交換すると共に、熱害防止パッドが装着されていない車両は当該パッドを装着する。また、エンジン制御用コンピュータのプログラムを書き換える又は当該コンピュータを対策品と交換する。
②全車両、ロアアームの製造ロット番号を点検し、該当するものは当該ロアアームを良品と交換する。

■識別
①樹脂製燃料タンクの左側面に黄色ペイントを塗布する。
②左側フロント・サスペンション・タワー・バーのプレートに黄色ペイントを塗布する。
対応開始日
2005/07/21
対象の特定情報
■対象製品
[型式]
LA-SE3P
LA-SE3P
ABA-SE3P

[車台番号]
SE3P-100063 ~ SE3P-100202 SE3P-100204 ~ SE3P-100206 SE3P-116065 ~ SE3P-123832
SE3P-100203 ~ SE3P-100207 ~ SE3P-116064
SE3P-123833 ~ SE3P-132228


[製作期間] 2003年02月14日 ~ 2005年06月30日

31,431台
公表行政機関

国土交通省

公表行政機関の掲載情報
備考
■不具合の部位(部品名)
①原動機
②前輪緩衝装置(ロアアーム)

■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
①エンジン制御用コンピュータのプログラムが不適切なため、エンジンが高回転から下がらず、車両を停止させてもエンジンを切らない場合には、そのまま高回転で維持される場合がある。そのため、車体床面下部の温度が異常に上昇して樹脂製燃料タンク、電気配線、駐車ブレーキケーブルの被覆等が溶損し、最悪の場合、燃料漏れ、エンスト、駐車ブレーキの作動不良等に至るおそれがある。
②前輪緩衝装置において、不適切な鍛造工程により製作されたロアアームが組み付けられたため、当該ロアアームのボールジョイントソケット部に亀裂が発生したものがある。そのため、サーキットでのコーナリング走行時等に、内輪が段差を乗り上げたり、急操舵、急制動を行った場合、ボールジョイントソケット部からボールスタッドが外れ、走行不能となるおそれがある。
管理番号:00000001845

ご利用にあたっての注意

このサイトでは、事業者の届出等により行政機関等が公表した情報(通常明らかに事業者向けに販売された製品を除いています。)と、事業者から直接消費者庁に寄せられた情報を掲載しています。

事業者の公開情報および行政機関への届出内容を元に、当庁で一部共通フォーム化などの編集をしております。事業者や公表行政機関からの追加情報があった場合には、掲載内容を更新することがありますが、掲載時点のままとなっていることもあります。したがって、各内容の詳細、最新情報については、必ず事業者にご確認ください。また、商品毎に特有の注意事項等がある場合もありますので、公表行政機関等のサイトも併せてご参照下さい。

その他の注意事項は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ