注目情報      ★製品別特集★ 一覧情報 製品毎にリコールや注意喚起が行われているものをまとめて掲載。

新規登録情報詳細

Tully's(タリーズ)「コーヒーメーカー AP-103」 (2006年製) - 交換/返金

商品名
キッチン家電 (コーヒーメーカー)
(株)カリタが輸入し、タリーズコーヒーで販売された「コーヒーメーカー AP-103」
連絡先
【問合せ先】
株式会社カリタ
〒221-0021 横浜市神奈川区子安通1-111-1
電話番号:0120-381-750 ※フリーダイヤル(無料)
受付時間:9時~17時(5月25日までは土・日も受付)

http://www.kalita.co.jp/news/index.php?d=2014
対応方法
対象製品をお持ちの方は、直ちに使用を中止し、電源を切り、電源プラグを抜いてください。返金又は製品交換については、上記問合せ先まで御連絡ください。
対応開始日
2014/05/15
対象の特定情報
■対象製品
品名:カリタコーヒーメーカー(タリーズブランド)
形名(機種・型式):AP-103
製造番号:T1001~T2280
※この番号以外は対象外となります。

販売期間:2006年4月~2009年
対象台数:1,280台
公表行政機関

経済産業省

公表行政機関の掲載情報

製品評価技術基盤機構(NITE)

公表行政機関の掲載情報
備考
[リコールの理由]
株式会社カリタが輸入し、タリーズコーヒーで販売されたコーヒーメーカー(タリーズブランド)について、当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。同社は、事故の再発防止を図るため、本日から対象製品の回収(返金又は製品交換)を実施します。

[消費者庁からのお知らせ]
■平成26年5月15日消費生活用製品の新規リコール情報(コーヒーメーカー)の公表
http://www.caa.go.jp/safety/pdf/140515kouhyou_1.pdf

①事故事象について
株式会社カリタが輸入し、タリーズコーヒーで販売されたコーヒーメーカー(タリーズブランド)について、当該製品を使用中、当該製品及び周辺を焼損する火災が発生しました。当該事故の原因は、製造時の端子台のビスの締め付け不良により、端子台部で接触不良が生じて異常発熱し、出火に至ったものと推定されます。
これまで株式会社カリタが輸入したコーヒーメーカーについて、消費生活用製品安全法第35条第1項に基づき報告を受けた重大製品事故は、本件のみです。また、同法第35条第1項に該当しない製品事故(破損等)として、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に報告された事故は4件です。なお、これら5件の事故は、いずれも人的被害には至っておりません。

②再発防止策について
株式会社カリタは、事故の再発防止を図るため、本日(5月15日)、ウェブサイトへの情報掲載及び新聞社告を行うとともに、タリーズコーヒー店舗での告知(ポスター掲示)を行い、製品回収(返金又は製品交換(代替品との交換))を呼び掛けます。
管理番号:00000009522

ご利用にあたっての注意

このサイトでは、事業者の届出等により行政機関等が公表した情報(通常明らかに事業者向けに販売された製品を除いています。)と、事業者から直接消費者庁に寄せられた情報を掲載しています。

事業者の公開情報および行政機関への届出内容を元に、当庁で一部共通フォーム化などの編集をしております。事業者や公表行政機関からの追加情報があった場合には、掲載内容を更新することがありますが、掲載時点のままとなっていることもあります。したがって、各内容の詳細、最新情報については、必ず事業者にご確認ください。また、商品毎に特有の注意事項等がある場合もありますので、公表行政機関等のサイトも併せてご参照下さい。

その他の注意事項は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ