注目情報      ★製品別特集★ 一覧情報 製品毎にリコールや注意喚起が行われているものをまとめて掲載。

新規登録情報詳細

乗用車(BMW BMW ActiveHybrid5 他) - 修理

商品名
BMW 
BMW ActiveHybrid5 他
連絡先
BMWカスタマー・インタラクション・センター
(フリー ダイヤル) 0120-269-437
対応方法
(リコール)外-2552
■改善措置の内容
車両により搭載しているエアバッグのインフレータの種類が異なるため、仕様に応じて以下の改善措置を行う。
①運転席用エアバッグユニットを対策品と交換する。
②運転席用と助手席用のエアバッグユニットを対策品と交換する。
なお、対策品の準備に時間を要することから、まずは全ての使用者に対しダイレクトメールにより連絡し、対策品が準備できた段階で再度連絡し、交換作業を行う。
対応開始日
2017/10/23
対象の特定情報
BMW
「BMW 120i クーペ」「BMW 135i クーペ」「BMW 120i カブリオレ」
「BMW 116i」「BMW 118i」「BMW 118d」「BMW 120i」
「BMW M135i」「BMW M140i」「BMW 220i」「BMW M235i」
「BMW M240i」「BMW M2」「BMW 218iActiveTourer」
「BMW 218d ActiveTourer」「BMW 225i xDr. A.T.」
「BMW 225xe ActiveTourer」「BMW 218i Gran Tourer」
「BMW 218d GranTourer」「BMW 220i Gran Tourer」
「BMW 318i」「BMW 320i」「BMW 320d」「BMW 328i」
「BMW 330e」「BMW 335i」「BMW 340i」「BMW ActiveHybrid 3」
「BMW 320i クーペ」「BMW 325i クーペ」「BMW 335i クーペ」
「BMW M3 クーペ」「BMW M3」「BMW M4」「BMW 335i カブリオレ」
「BMW 320iグランツーリスモ」「BMW 320dグランツーリスモ」
「BMW 328iグランツーリスモ」「BMW 335iグランツーリスモ」
「BMW 420i」「BMW 428i」「BMW 435i」「BMW 430i」「BMW 440i」
「BMW 428iグランクーペ」「BMW 435iグランクーペ」
「BMW 420iグランクーペ」「BMW 430iグランクーペ」
「BMW 440iグランクーペ」「BMW 523i」「BMW 523d」
「BMW 528i」「BMW 535i」「BMW 550i」「BMW ActiveHybrid 5」
「BMW M5」「BMW 523i ツーリング」「BMW 523d ツーリング」
「BMW 528i ツーリング」「BMW 535i ツーリング」「BMW 550i ツーリング」
「BMW 528iグランツーリスモ」「BMW 550iグランツーリスモ」「BMW 640i クーペ」
「BMW 650i クーペ」「BMW 640i カブリオレ」「BMW 650i カブリオレ」
「BMW 640iグラン クーペ」「BMW 650iグラン クーペ」「BMW M6 クーペ」
「BMW M6 カブリオレ」「BMW M6 グランクーペ」「BMW X1 sDrive 18i」
「BMW X1 xDrive 18d」「BMW X1 sDrive 20i」「BMW X1 xDrive 20i」
「BMW X1 xDrive 28i」「BMW X1 xDrive 20i」「BMW X1 xDrive 25i」
「BMW X3 xDrive 20i」「BMW X3 xDrive 28i」「BMW X3 xDrive 20d」
「BMW X3 xDrive 35i」「BMW X4 xDrive 28i」「BMW X4 xDrive 35i」
「BMW X4 M40i」「BMW X5 xDrive 35i」「BMW X5 xDrive 35d」
「BMW X5 xDrive 40e」「BMW X5 xDrive 50i」「BMW X6 xDrive 35i」
「BMW X6 xDrive 50i」「BMW X5M」「BMW X6M」

93車種
(製作期間の全体の範囲) 平成25年1月4日 ~ 平成29年7月30日
リコール台数:84,509

※対象車の詳細については、国土交通省の情報をご覧ください。
公表行政機関

国土交通省

公表行政機関の掲載情報
備考
■不具合の部位(部品名)
エアバッグ装置
■基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
運転席用または助手席用のエアバッグのインフレータ(膨張装置)において、ガス発生剤の吸湿防止が不適切であった場合、高い湿度の環境下で大きな温度変化を繰り返すと、ガス発生剤が劣化することがある。そのため、エアバッグ展開時にインフレータ容器が破損するおそれがある。
管理番号:00000018663

ご利用にあたっての注意

このサイトでは、事業者の届出等により行政機関等が公表した情報(通常明らかに事業者向けに販売された製品を除いています。)と、事業者から直接消費者庁に寄せられた情報を掲載しています。

事業者の公開情報および行政機関への届出内容を元に、当庁で一部共通フォーム化などの編集をしております。事業者や公表行政機関からの追加情報があった場合には、掲載内容を更新することがありますが、掲載時点のままとなっていることもあります。したがって、各内容の詳細、最新情報については、必ず事業者にご確認ください。また、商品毎に特有の注意事項等がある場合もありますので、公表行政機関等のサイトも併せてご参照下さい。

その他の注意事項は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ