注目情報      ★製品別特集★ 一覧情報 製品毎にリコールや注意喚起が行われているものをまとめて掲載。

新規登録情報詳細

乗用車(ホンダ ステップワゴン 他) - 修理

商品名
ホンダ
ステップワゴン 他
連絡先
本田技研工業株式会社
お客様相談センター
TEL 0120-112010
対応方法
(改善対策)558
■改善対策の内容
①全車両、ボールスタッドの締付けトルクを点検し、緩みのあるものは新品のボールスタッドと交換して新たに設定したトルクで締付ける。緩みのないものは、当該ボールスタッドを新たに設定したトルクで締付ける。一部の車両においては、緩みのあるものは、新品のボールスタッドに緩み防止剤を塗布し、新たに設定したトルクで締付ける。緩みのないものは、当該ボールスタッドに緩み防止剤を塗布し、新たに設定したトルクで締付ける。

②全車両、テールゲートオープンステーのボールジョイントに外れ防止カバーを追加する。
対応開始日
2018/11/16
対象の特定情報
ホンダ
「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」
「N BOX+」「N BOX+ Custom」「N-BOX+」「N-BOX+ Custom」

(計6 車種)
(製作期間の全体の範囲)平成21 年9 月21 日~平成30 年9 月20 日
(計593,815 台)

※対象車の詳細については、国土交通省の情報をご覧ください。
公表行政機関

国土交通省

公表行政機関の掲載情報
備考
■不具合の部位(部品名)
①車体(テールゲートオープンステー取付用ボールスタッド)
②車体(テールゲートオープンステーボールジョイント)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
①テールゲートオープンステーにおいて、ボールスタッドを取付けるテールゲートヒンジの締結座面穴径及び、ボールスタッドの締結座面径の指示が不適切なため、テールゲート開閉操作を繰返し行うと締結座面が座屈するものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ボールスタッドが緩み、最悪の場合、ボールスタッドが折損しテールゲートが突然降下するおそれがある。

②テールゲートオープンステーにおいて、下側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの取付部構造が不適切、または、上側ボールジョイントと車体側ボールスタッドの組付け作業が不適切なため、ボールジョイントと車体側ボールスタッドを固定するクリップが浮くものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、テールゲート開閉の繰返しにより、ボールジョイントが車体から外れ、テールゲートが突然降下するおそれがある。
管理番号:00000021349

ご利用にあたっての注意

このサイトでは、事業者の届出等により行政機関等が公表した情報(通常明らかに事業者向けに販売された製品を除いています。)と、事業者から直接消費者庁に寄せられた情報を掲載しています。

事業者の公開情報および行政機関への届出内容を元に、当庁で一部共通フォーム化などの編集をしております。事業者や公表行政機関からの追加情報があった場合には、掲載内容を更新することがありますが、掲載時点のままとなっていることもあります。したがって、各内容の詳細、最新情報については、必ず事業者にご確認ください。また、商品毎に特有の注意事項等がある場合もありますので、公表行政機関等のサイトも併せてご参照下さい。

その他の注意事項は、こちらをご覧ください。

このページの先頭へ